ダイエット時は「まとめ買い」を辞めましょう



今朝、家を出ると鼻がムズムズするようになりました。
花粉症の筆者には少々つらい季節がやってきてしまった感じがします。
さて、それは置いておきまして、減量に成功して以来、職場では『何を食べていたのか?』とか『お菓子とか辞めたのか?』と聞かれることがあります。その時には「お菓子も辞めてないし、なんならハンバーガーみたいなジャンクフードだって食べるよ」と回答しています。
ただ、私がダイエットを始めて以来、辞めるようにした習慣があります、それが今回紹介するお菓子の『まとめ買い』です。

筆者の反省

スーパーに行くと、気になるのはやはり特売品や見切り品。安くなっている商品を組み合わせて家計の足しにするのは誰もがやることだと思います。
お肉、魚、野菜にお菓子まで。普段買わないものが安くなっていたりすると試してみようかなという気になりますし、普段買っているものならば問答無用で飛びついたりするものです。

まとめ買いをするときの心理

このなかで、お菓子で見られる安売りに1個だと120円だけど2個買うと200円で40円お買い得!!みたいなものがあります。
実際お得ですし、「多く買った分は明日のおやつにして2日間かけて食べればいいや」と考えて買うことが良くありました。買う時点ではとても正当な理由に見えるんです。
ですが、それがこれが罠でした。

実際まとめて買ってみると…

翌日分まで買ったのだから1つづつ。または半分だけ食べるなら別に構わないのですが、
筆者の場合、「あと一つ」…「もうちょっとだけ!」…「最後!!これだけ!!」…ときて
最終的に『ここまで食べちゃったし、もう全部食べちゃえ!』となってしまい、結局1回で2日分食べてしまうのが常でした。
食べてしまった瞬間こそ、「やってしまった」と反省するのですが、その気持ちも徐々に「まぁ、40円お得に買ってるわけだし、翌日食べなければOKOK」みたいに自己正当化をします。

そして翌日も買っている

確かに複数日数分のお菓子を1日で食べてしまったのだから翌日は食べなければ良いのですが、結局別の安売りや新商品に飛びついてしまい食べてしまいます。
それどころか、別のまとめ買いを見かけて前日と同じ心理で買って、同じ心理でまとめ食いをするなんてこともありました
単純に食べる量が増えてしまうだけで意味がありませんね。

必要なだけ買いのススメ

以上の反省も踏まえて筆者が心がけるようにしているのは『必要なだけ買い』です。これは、複数買うとお買い得なのかとか、そういうことは考えず、この買い物が何日分の買い出しで、次の買い出しはいつなのかを考え、それに必要な分だけを買うようにすることです。

お菓子の買い出し頻度はどれぐらいですか?

筆者がお菓子を口にするのは職場での口寂しさやストレスを紛らわせるため、休日はドライブ中の眠気防止の為、そして、なにより新商品への興味の為。です。これを考えたときに結論として『ほぼ毎日』買い出しの機会があることに気づきました。

買い出しの頻度に対して購入量は適切か考えよう

筆者の場合は毎日お菓子を買っていることがわかりました。では、ここから上記の反省点の部分に戻って考えます。毎日買い出しを行うにもかかわらず、いくら単位当たりは安くなるとは言え複数点買えばそれは買い出しの頻度に対して購入量が多すぎるということになります。
考え方の基準はあくまで『今回の買い出しで必要な量』だけ買うことです。

まとめ

まとめ買いはお菓子の大食いに言い訳を与えるだけのダイエットの敵どころか、肥満への近道でしかありません
お買い得感がどうとか、配分がどうとか、そういったことを考える前に「買い出しの頻度」に対して必要な量なのか?を主軸にして買い物をしましょう。
筆者の場合はそれによって、過食になっていたお菓子の量を減らすことになり、結果としてダイエットにつながりました。
これを読んでくださったダイエットに悩んでいる方も、お菓子を『0』にすると意気込む前に、自分の買っているお菓子の量が適切かどうか、今一度考えて正しい付き合い方をしていきましょう。

最後に、筆者の思い出

子供のころ、両親と買い物に行くとお菓子に関しては「ひとつだけだよ」と言われませんでしたか?
当時は親にも予算があって、そんなにお菓子ばかりに予算を割くことはできないからだと思っていました。大人になるとわかりますが、お菓子1個ぐらいのお金なんて買おうと思えばいくらでも追加できます。
そうではなく、ほぼ毎日の買い物で必要になる(健康面で許容できる)お菓子の量が「ひとつだけ」だったんですね。筆者はそのあたりに気づくまでに大分時間がかかってしまいました。

0 件のコメント :

コメントを投稿