なぜ、ブラック勤務のサラリーマンは太るのか?



突然ですが、筆者は2017年07月から減量をはじめ、約半年で約25kgのダイエットをしました。それまでの間、最大値で90kg台まで太っていました。筆者は身長172.5cmですので、適正体重は65kg程度です。今日は、太ってしまった経緯となぜ太ってしまうのかについて筆者の実際の体験を踏まえて紹介します。同じような経験をしている人は案外多いのではないでしょうか?

食欲が増す

長時間労働、休日出勤が続くと当然食事が不規則になります。そのため、最大限の栄養確保をしたいという欲求が、食欲という形で現れるのだと増すのだと思われます。
その傾向が筆者にはありました。
結果、食事を行う際は通常時よりも多めの食事になることが多かったです。

満腹感優先になり炭水化物と油分が増える

限られた食事時間に、最大限の満足を得ようと炭水化物や油ものが増えます。
かつ丼、天丼、牛丼といったどんぶり物やラーメン、つけ麺を食べることが増えました。

ストレス解消と満足感を得る為に大盛になる

上の話に繋がりますが、満腹感を得たうえで、更に大盛することで満足感を得ようとします。
つまり、牛丼大盛」や「つけ麺特盛を食べるようになりました。

朝食もスーパーやコンビニ弁当

また、自炊をする時間も惜しく感じるため、スーパーやコンビニの弁当に頼るわけですが、
それについても満腹感とついでにコストに対しての量を優先するため、
朝からかつ丼やからあげ弁当のようなボリュームあるご飯でも問題ないどころか進んで選ぶことすらありました。もう少し歳をとれば胃が受け付けなくなるのかもしれませんが、20代後半~30代前半ですとそう関係ないです。

内容を見直しても量は増える

流石にこれではまずいと思って、例えば朝食をサンドイッチにしたりしますが、
満足感が足りずにカロリーメイトのようなバランス栄養食を出勤途中のコンビニで買って食べたりします。
夜ならばカレーを食べた後に肉まんやあんまんを食べたりします。結果としてサンドイッチ+カロリーメイトとなり、からあげ弁当やかつ丼と摂取カロリーが大して変わりません

貴重な休日は動かない

ブラック勤務中のサラリーマンは基本的に疲れています。せいぜい洗濯物を片付けるぐらいしかしません。貴重な休日はここぞとばかりに寝だめをして過ごします。その為運動不足になり、ため込んだカロリーを消費することがありません

結果太ってこんなことに…

1週間やそこらならばともかくそれが1ヵ月2ヵ月…と増えると体重が増えていきます。
その結果についてはこちらの記事に書いた通りです。
筆者の場合、健康診断の結果に飽き足らず『黄色い汗』『腋が臭くなる』といった衝撃的な不具合が出てきました。

悪循環を断ち切ろう!!

結局のところ、ブラック勤務がマズいのは確かなのですが、ブラック勤務→(現実逃避)→大量の食事で得られる幸せ→(現実逃避)→ブラック勤務という悪循環が生まれてしまっていることが負のスパイラルとなっていることがわかると思います。
理想的には、この大量の食事の部分を『質の良い食事』に変えていくことで、太らない…というのはともかく、太る速度は抑えられます。質の良い食事とまではいかないまでも、ここまで紹介してきた負の悪循環を改めようという意識をもって、ダイエットの第一歩としましょう。
関連記事としてこちらもオススメです:
ダイエットを始めよう、時間はある場合→ダイエットの第一歩に!ジョギングのススメ
ダイエットメニューは難しい、運動時間も取れない、したくない。そんな人向けの生活改善方












0 件のコメント :

コメントを投稿